帽子は、洗濯の際にとまどいをおぼえる衣類のひとつです。
ろしなんて工房で製作している帽子は、原則的に洗濯可能なつくりになっております。
でも、洗濯後または雨、汗、などの後の質感の劣化は否めません。
ろしなんて工房の帽子は、製品完成後に金型に入れてプレス成形してから出荷しています。
洗濯後にもプレス成形すると良いのですが、残念ながらご家庭ではできません。
少しでもよい状態をキープしていただくために、洗濯に際しまして以下の内容をご参考になさってください。

コットンまたは麻素材の帽子の洗濯
コットンなどの天然素材の帽子は、その特性上洗濯又は長期ご使用により、色落ち、変色、ちぢみなどが生じます。
特に、汗よごれと雨等が重なり影響した場合、濃色ぼうしでは白濁(にごり)、中間色帽子では色調変化、淡色帽子では黄ばみなどが生じます。
汗汚れなどを長期間放置しますと取れにくくなりますので帽子内側の洗濯表示をご参考の上、こまめにお手入れいただくのが理想です。
洗濯は、通常の洗濯用洗剤(石鹸でもさしつかえありませんが)を使った手洗いをお勧めしております。
よごれのひどい箇所はやわらかいブラシを使用したブラシ洗いが効果的です。

洗濯後、生乾きの時に、帽子内側に手をあてて押し広げる
ようにして形を整えていただきますと
きれいなかたちに仕上がります。


ウール素材の帽子の洗濯
本来、ドライクリーニングがベターなのですが、クリーニング処理中に無理な力がかかると、型崩れをおこす場合もございます。
クリーニング業者さんにご相談のうえ、心配がございましたらむしろ手洗いをお勧めいたします。
特に布繊維がざっくりした柔らかな布の場合には、ご注意ください。
お洗濯の際にはウール用洗剤をご使用の上、押し洗いし、しぼらずに陰干しして下さい。

革素材の帽子の場合
残念ですが、基本的に まるごと洗濯はできません。
汚れた箇所を薄めた洗剤液でふき取ってください。強く擦りますと表面の色調が劣化しますのでご注意下さい。

帽子に金属性の部品(サイズアジャスター、はとめ穴など)がある場合、ぬれたまま長時間放置しますと
サビが生じて帽子布に移る可能性があります。早めに干してください。雨、汗の場合も同様です。

サイズアジャスターなどにマジックテープ が使われている場合はテープを張り合わせた状態で洗ってください。
張り合わせていないと 糸くずなどがからみつきます。

長期間帽子をご使用にならない時は、十分に陰干しして湿気を除いてください。
湿気が残っていますと、異臭、カビなどの原因となります。
ウール素材の場合は防虫剤を入れてポリ袋などに保管してください。
ハットの場合、ボール紙などで作った円筒形の中に帽子頭部を逆さまに挿入しますと置き癖がつかずに形よく保管できます。(帽子を逆さまにして保管)
この円筒形ボール紙はろしなんて工房でもご用意しています。


ご使用経過、洗濯した後などで帽子のパーツが破損する場合もあります。たとえば以下のような箇所です。
 * キャップの頭頂部ボタン
 * サイズアジャスター部品
 * 裏側の汗取りベルト
 * キャップのツバの付け根
これらは 多くの場合修理可能です。ろしなんて工房にお問い合わせください。

ROSINANTE   ⇒Top