Q & A

よくご質問いただく内容をとりまとめてあります。

定番商品の帽子について

Q1. 手持ちのワッペンを注文した帽子に取り付けてもらえますか?

A1. ワッペン付けのご依頼は、よくお受けしております。

帽子製作着手までにワッペンをお送りいただけましたら、ご希望の箇所にお付けいたします。生地裁断後、縫製前にお取り付けする手順となります。

ワッペンの大きさによりましては、ご希望の箇所にお付けできない場合もございますので、事前にワッペンサイズをご連絡下さい。折り返しご予算を連絡いたします。

尚、商標権又は著作権に抵触する可能性のある場合には、お受けできないことがございます。ご了承下さい。

Q2. 販売されている帽子のサイズは M 〜 4L だけど、この帽子の 5L、S が欲しい(定番商品の帽子のサイズオーダー)。

A2. 定番商品(「SP」から始まる商品番号が付いている商品)を、生地・型・製作仕様等の変更なく、S 〜 5Lサイズにて製作する場合に限り、定番商品の定価+1,500円にて承ります。

※帽子のツバ型・ツバ芯の素材やアジャスターバックルなど。

各定番商品の紹介ページで、商品のサイズを指定せずにお好みのカラーを選んで買物カゴに入れ、サイズオーダーのページでサイズを選んでご注文下さい。

ただし、帽子の型により、サイズオーダーをお受けできない場合もございます。ご了承ください。

SS以下または6L以上のサイズの帽子の製作は、通常のオーダーメイド帽子の製作としてご相談下さい。オーダーメイドのページからご注文頂いた場合には、製作内容を拝見の上、製作の可否をご連絡致します。

サイズオーダーの場合、オーダーメイド帽子と同様、返品・交換はお受け致しておりません。ご注文の際には慎重にお決め下さい。

Q3. 販売されている帽子の生地は「コットンかつらぎ」だけど、この帽子をデニムで作りたい(定番商品の帽子の生地の変更)。

A3. 定番商品(「SP」から始まる商品番号が付いている商品)の帽子の生地の変更は、通常のオーダーメイド製作として承ります。ご注文の際、「ご希望事項ご記入欄」に、

「SP14 コットンかつらぎ525キャップを、SP56 12オンスデニム541ジェットキャップのブラックの生地で作りたい」

等、ご記入ください。オーダーメイドご予算に修正のうえ、当社からのご注文確認メールでご返事申し上げます。ご予算のイメージは、オーダーメイドのページをご参照ください。

ただし、帽子の型と生地の組み合わせによっては、製作できない場合もございます。

帽子の深さの変更や、ハトメ穴の有無、ツバ型の変更、各種オプションの追加も可能です。

Q4. 帽子のサイズを決めるのに、ちょっと迷うのですが…

A4. たとえば、Lサイズと2Lサイズのどちらにしようかという時、サイズアジャスタ−付きのキャップでしたら2Lをお勧めします。

サイズアジャスターは、伸ばすというよりは縮めるための機能です。大きめの帽子でもアジャスターで小さめに調整して使用するのが無難です。

ただし、ゴム式アジャスターの場合はゴムが縮んだ状態が基本サイズですので、逆にLのほうが宜しいでしょう。

アジャスター(サイズ調整ひも等)の付いていないハット帽子などの場合は、小さいよりはむしろ大きめがいい、と言われる方が多いようです。ただし、かぶり心地のお好みによる違いはございます。

Q5. どうやって頭のサイズを測ればいいでしょうか?

【頭のサイズの測定位置】 A5. 頭のサイズをメジャーで測るときは、両耳の付け根の上約3cmと、おでこのいちばん飛び出した部分を通るラインをむすんで頭を一周してください。

メジャーサイズ+1〜2cmが帽子サイズとして標準です。(メジャーで測った数値そのままのサイズでは小さく感じます)

お手元の帽子で、内側にメジャーをあててサイズを測定しますと、実寸より小さな値になることが多くございます。ヘッドサイズでの測定をお勧めいたします。

S54 cm
M56 cm
L58 cm
2L60 cm
3L62 cm
4L64 cm
5L66 cm

表のサイズ設定は当社の基準規格です。

帽子のサイズにはメーカーにより差異があり、市販の帽子で「フリーサイズ」または「サイズ表示なし」の場合、58cmであることが多くあります。また市販のレディス帽子はメンズ帽子よりも設定を大きくしていて、「Mサイズ」表示が57.5cmになっていることが多くあります。

当社の場合は、レディス・メンズ兼用の帽子が多いため、男女設定差は設けておりません。市販のレディス「Mサイズ」のものは、当社のLサイズ と同等とご判断ください。

Q6. サイズ見本・商品サンプルを送ってほしいのですが…

A6. 申し訳ございません。サイズ見本・サンプルとしてお送りできる帽子のご用意がございません。複数サイズをかぶり比べてお決めになりたい場合には、恐れ入りますが事前にご連絡の上ご来店下さい。在庫の多くを生地の状態にて持っており、小ロットでの生産(商品によっては受注生産)を繰り返している事情によるものです。ご理解下さい。

なお、商品ご購入後のサイズ交換を承っております。詳しくは返品・交換のお約束のページをご覧下さい。

Q7. 帽子のサンプル布を送ってもらいましたが、薄い感じです。これで帽子を作っても大丈夫でしょうか。

A7. 帽子を製作する場合は、表用の布の厚みだけで仕上げるのではなく、原則的に裏地をお付けしています。

裏地は、表生地に熱ラミネート接着する場合と、表部分・裏部分を別々に縫製して重ね合わせる場合があります。どちらの方法で作るかは、表布の材質、帽子の形などを考慮して決めさせていただきます。

麻の素材などの場合、裏地を付けずに薄い仕上がりに製作することもございます。

Q8. 帽子のカタログはありますか?

A8. 申し訳ございません。当社では、少ないロット数で自社生産を繰り返しており、商品内容がきわめて流動的なため、カタログのご用意はいたしておりません。恐れ入りますが、ホームページ上でご案内しておりますものをご覧下さい。

Q9. 帽子の修理、改造はできますか?

A9. 当方で製作したものでしたら、製作に使用した生地・部材在庫の有る限り、キャップのツバなど部分的なお取替えは原則的に可能でございます。改造につきましては、内容によりまして可能かどうかご説明いたします。

※修理業者さんが得意とされる、虫食い穴等の修理(かけつぎ・かけはぎ)、新品の生地と使用経過のある生地の色合いをなじませる等、修理はお受けしておりません。

お取替え・改造にかかる費用は、個々の状況にあわせてお見積もりいたします。

他社の製品につきましては、修理・お取替え・改造ともにご容赦ください。

Q10. どんな帽子にも、刺繍ネームをいれることはできますか?

A10. 刺繍ネーム入れの詳細は、刺繍ロゴマークのページでご案内しておりますので、ご覧ください。

オリジナル製作の帽子だけでなく、定番商品の帽子にも入れられますが、布裁断後、縫製前に刺繍入れ、となるため、製作作業には日数がかかります。

ロゴマーク入り帽子の出荷日程は、 Top Page にご案内しておりますので、ご確認ください。

Q11. ろしなんて工房で作ってもらったハンチングを初めにかぶった時、プチッと糸の切れるような音がしました。

A11. 当社は少ない数単位で手作り生産しておりますので、サイズが正確にでているかのチェックのため、紙製のサイズ確認テープを縫いこんであります。初めてかぶった時、紙テープの切れる音がする場合もありますが、ご心配はありません。(市販の大量生産品にはサイズ確認テープは使われておりません)

Q12. 紹介されている帽子にはメンズ用・レディース用の区別がありますか?

A12. 一般的に、最近の帽子には男女区別の無いものが多いです。ただ使用する布の風合いと色柄によって、同じフォルムの帽子でも、メンズ向きにもレディース向きにもなります。

当店のホームページでは、フォルム・布共にメンズ向き・レディース向きいずれにも片寄らないようなものでご案内しています。ただ、あまり角張ったイメージのかちっとしたフォルムのものはレディース向きでないものもあります。特にレディス向きの場合は、そのむね表示しております。

オーダーメイド帽子について

Q1. オーダーメイド製作で、定番商品と同じ帽子を、定番商品にないM以下、5L以上のサイズで製作すること(サイズオーダー)はできますか?

A1. 定番商品を、生地・型・製作仕様等の変更なく、S 〜 5L サイズにて製作する場合に限り、定番商品の定価+1,500円にて承ります。詳細は、定番商品のQ&Aをご参照ください。

※帽子のツバ型・ツバ芯の素材やアジャスターバックルなど。

SS 以下または 6L 以上のサイズにつきましては、通常のオーダーメイド製作としてご相談下さい。

ただし、帽子の型により、サイズオーダーをお受けできない場合もございます。ご承知置き下さい。

Q2. オーダーメイド製作で、5L以上のサイズの帽子ができますか?

A2. オーダーメイド製作では、選択リストをSから5Lの範囲でご提示しています。

それ以外のサイズをご希望の場合は、お申し出下さい。(ご住所などを記入していただくエリアの下部に、ご希望事項入力欄がございます)

ただし、帽子の型により、製作できない場合もございます。ご了承ください。

Q3. オーダーメイド帽子で、裏地も指定できますか。

A3. 帽子の裏地は、表布に直接貼り付ける場合と、裏地を別に作って表側と重ねあわせる場合があります。

裏地の素材も各種ご用意しております。(裏地の色は白または黒となります)

どんな縫製手順で、どんな素材を使用する等、帽子の形と表布の素材によって、当社で適切なものを選択いたしております。

お客様のお好みで、「裏地を付けない」「しっかりした裏地が良い」「裏地も自分で用意したい」等のご指定も可能な範囲でお受け致しておりますが、裏地についての特性を十分にご理解のうえ、ご指示ください。

Q4. オーダーメイド帽子で、堅くてしっかりした仕上がりにしたい(薄く軽い仕上がりにしたい)などの指定はできますか。

A4. 生地の特性上、可能な範囲でお受けしております。

帽子の堅い(柔らかい)という仕上がり差は、使用する布に影響されますので、それに合った素材をお選びください。

さらに、厚い裏地をつける(裏地をつけない)などの方法で調整します。

帽子の種類によって堅い仕上がり(柔らかい仕上がり)がその特性になっていることもありますので、製作上無理(不自然)な場合は、別途ご提案いたします。

Q5. 特に指定していない箇所はどのような仕上がりになるのでしょうか。

A5. 帽子の形、素材、色、サイズなどに見合った仕様を当社の判断でご用意いたします。そのため、仕上がり見本の帽子画像とイメージが変わることもございます。

Q6. "A"の帽子をオーダーメイドで作りたいけれど、ツバだけは"B"の帽子のものを付けて欲しい。

A6. キャップ・ハット・キャスケットの場合は、お受けできます。ハンチングの場合は、型紙の変更を伴うため、お受けできません。

Q7. ハットのツバの長さを変更したい。

A7. ハットのツバの長さを変更する場合、1cm 単位での変更をお受けしております。

ただし、変更可能な長さ・短さには、限りがございます。ハットの場合、最も短くする場合で4cm が限度となります。長くする場合、使用する生地の重さ等、兼ね合いがございますので、別途ご相談下さい。いずれの場合も、製作の可否は当社での判断とさせて頂きます。

Q8. 今使っている帽子と同じものがつくれますか?

A8. 当方にある型紙をそのまま使用し、当方の在庫する部品でお作りしますので、お手持ちの帽子などから同じ帽子を製作する(または再現する)といったご注文はお受けしておりません。

ご要望により出来るだけの工夫はいたしますが、類似イメージでしか仕上がらないとお考えください。

また当社は、布を縫って作る帽子のメーカーです。繊維などを編んで作るニットの帽子や麦わら帽子、あるいはフエルト素材などの「型もの」帽子は製作しておりません。

Q9. サンプル提示されている帽子の形はそのままで、ボリウム感だけはちょっと小ぶりにしたい(または形の一部を変更したい)。

A9. 申し訳ございません。そのようにするには、新しく型紙を作らなくてはなりません。型紙作製にはかなり高額の費用と日程がかかりますので、お受けしておりません。

Q10. 帽子の修理、改造はできますか?

A10. 当方で製作したものでしたら、製作に使用した生地・部材在庫の有る限り、キャップのツバなど部分的なお取替えは原則的に可能でございます。改造につきましては、内容によりまして可能かどうかご説明いたします。

※修理業者さんが得意とされる、虫食い穴等の修理(かけつぎ・かけはぎ)、お取替え部分の生地と使用経過のある帽子本体の生地の色合いをなじませるといった修理はお受けしておりません。

お取替え・改造にかかる費用は、個々の状況にあわせてお見積もりいたします。

他社の製品につきましては、修理・お取替え・改造ともにご容赦ください。

Q11. テンガロンハット、またはフエルトのベレー帽子、ニットの帽子などもできますか?

A11. 申し訳ございません。当社は、布を縫い合わせて作る帽子のメーカーです。テンガロンなどのようにフエルト素材等を(縫い合わせずに)金型によってフォルム成形する帽子や、編み上げて作るニット帽子、むぎわら帽子などは手がけておりません。

Q12. 帽子のサイズが大きくなるとき、それに合わせてツバも大きくした方がいいですか?

A12. オーダーメイドの場合、ご希望によりツバも大きくすることもできます。

でも、あまり大きくしますと、ボリュウム感ばかりが目立って、いかにも大きな帽子という感じになってしまいますので、お好みの範囲におさえた方がよいかもしれません。

なお、当社の定番商品の場合、サイズにかかわらずキャップのツバのサイズは同じです。

Q13. 自分で生地を用意するとき、どんな注意がいりますか?

A13. オーダーメイド帽子の布を自分で用意するのページにてご案内しておりますので、ご参照ください。

■ROSINANTEより オーダーメイド帽子製作手順につきまして…

オーダーメイド帽子は、製作過程で工夫をしながら、より良い仕上がりを目指しております。逐一お客様とご相談できない技術的事項は、当方の判断で決めさせていただきます。ご了承ください。

オーダーメイド商品は、お客様のご都合による、ご返品・お取替えはできません。ご不明の点などがございましたら、必ず、事前にお問い合わせください。

その他のご質問

Q1. 「ろしなんて工房 本店」とありますが、支店もあるのですか?

A1. はい。当社は、 楽天市場 amazon.co.jp および Yahoo!ショッピング に出店しております。また愛知県岡崎市の工房直営ショップ(実店舗)でも販売中です。

Q2. ネット上で、ろしなんて工房の帽子が割引販売されているのを見かけたのですが…

A2. 当店の画像やテキストを無断で転載して、商品の割引販売を装っているウェブサイトが確認されております。注文を受けても商品を出荷しない「見せかけ販売」を行う偽サイトの可能性がありますので、ご注意ください。

お問い合わせ先

こちらに出ていないご質問や、より細かくお知りになりたい点がございましたら、当店へお問い合わせください。

mail 【メール】

※お問い合わせメールには、迷惑メール(スパムメール)回避のため、必ず「件名」(ろしなんて工房あて など当社宛であることがわかるもの)をご明記ください。

※お問い合わせの内容によりまして、ご返事には若干の日数をいただくこともございます。日曜と月曜は定休日のため、お問い合わせメール対応は、翌営業日以降、順次対応させて頂きます。ご了承下さい。

mailの他、お電話でも製作詳細についての対応をいたしております。

TEL 0564-24-2318 FAX 0564-22-1568
定休日 日曜と月曜 営業時間 9:30-18:00 (12:00-13:00 お昼休み)

ROSINANTE ろしなんて工房 有限会社 川口ぼうし
TEL. 0564-24-2318 FAX. 0564-22-1568
Email. main@rosina-bousi.ne.jp
〒444-0044 愛知県岡崎市康生通り南1-33 [ACCESS MAP]
日曜と月曜 定休 営業時間 9:30-18:00 (お昼休み12:00-13:00)
copyright©2019 有限会社川口ぼうし all rights reserved.